2014年6月30日月曜日

Potluck & Recycle Party

7月1日のCanada Dayに伴って、火曜日まで4連休!

今日は友達の家でPotluck & Recycle Partyでした。
Potluckではイカ&野菜のトマトソース煮込みと、もち粉のマフィンを持参。
もち粉のマフィンは、お料理上手のおばさんから教えてもらったのですが、簡単でもちもち美味しい。デザートはめったに作らないのですが、これならパパパッと作れるので嬉しいです。

友達も美味しい料理をたくさん用意してくれて、どれも美味しく頂きました。
デザートまでお腹の余裕があるかしらと考えたけれど、全く問題なし。
ペロッと食べちゃった。

Recycleは、もう自分では使わなくなったものを持ち寄って、他の人に使ってもらおうという企画。誰も選ばなかったものは、寄付に回します。
服やら雑貨やら本やら色々。
私は小物と洋服を数点もらいました。

途中すごい夕立があり、その後外をみると虹がかかっていました。
写真は一つしか撮れなかったけれど、実際は2つ。
久しぶりに虹を見たなぁ。

今日はちょうどWorldPrideのParadeがあった日。
今年は世界中の人が集まる、北米で最初のパレードだったみたい。
そのはなむけの虹だったのかな。


今日も楽しい友達とたくさん笑った一日でした。

2014年6月22日日曜日

Toogood Pond Park

今日も快晴。

せっかくのお天気なので、ちょっと足を伸ばしてToogood Pond Parkに行ってきました。

大きな池があって、その周りを散歩できるようになっています。


Canada goose(カナダガン)がたくさん泳いでいます。
彼らにエサをやってはいけないことになっていますが、それでもあげる人がいるようで、池に近づくと何かもらえるかとどんどん近寄ってきます。


こちらはheron(サギ)とturtle(カメ)。
仲良く日光浴しているよう。


綺麗な青空。
でもとにかく日差しが痛い!


でも木陰に入ると涼しくて心地よい。


緑の中で新鮮な空気は美味しい。


そのままMain Street Unionvilleのほうまで歩いていったら、こんな可愛い乗り物に遭遇。
歴史を感じ、そしてとても可愛い街並み。



のんびり歩いて緑を満喫したけれど、この日差しの強さに夫も私も帰宅後グーグー寝てしまいました。
この夏をもっと楽しむため、体力をつけなければ!

ほったらかしのお庭

学校が始まってからというもの、休日もなんだかんだとダウンタウンのほうで用事があり、数週間郊外の知り合いのお家に行けずじまいでした。

ずーっとほったらかし状態だったお庭。
しかも友蔵にも全然会っていない。
元気にしているか心配でした。

お家に入って暫くしたら、友蔵が訪ねに来てくれた!
しかし私としたことが、ピーナッツを車の中に置き忘れてしまって、それを取りにいっている間に友蔵あきらめて帰っていってしまった。
一応ピーナッツはお庭においたけれど、取りにきてくれなかったなぁ。

一方お庭は、なかなかワイルドになっていました。
芝生も伸び伸びだけれど、これは夫のお仕事。

ハーブなどを植えてあるお庭はこんなことになってました。

まずはディル。昨年からの種が庭のあちこちに飛んでいたようで、もうモリモリ育ってます。
ディルは大好きなハーブなので、とても嬉しい。
友達にもお裾分けしよう。

こちらはミント。繁殖力がものすごい。
どんどんお庭を占領していくので、プランターに移そうと思ってます。


オレガノも色々な種類のものが育っていて、でもこれは伸びに伸びきっている。
ばっさり収穫して乾燥させよう。


そしてルッコラ。これは種から育てていたのですが、気づいたらこんなに大きくなっていた。
もっと種をまいておけばよかったな。
この土のカラカラ具合!よくぞこんな状況で育ってくれました。


ミントをたくさん摘み取ってミントティーを飲み、
ルッコラとディルを使ってサラダを作りました。
ルッコラのピリッとした辛味がすごい。新鮮野菜は味も強いですね。

今日はとても日差しが強くて、車に乗っているだけで疲れてしまった。
明日はもう少し色々行動したいと思っています。

2014年6月20日金曜日

Groundhog

前々から、お近づきになりたいと思っていたGroundhog
ようやくその機会が訪れました。

いつも遠巻きから彼らを見ていただけなのですが、今日はここまで近くにこれました。


可愛い~
グラウンドホッグは、リス科の中で最も大きな動物だとのこと。
携帯のズームを使って撮ったので、ちょっとブレてるのが残念。


どうやら彼らの視界はそんなに鮮明ではないみたい。
早い動きをするとパパッと巣穴に隠れてしまうけれど、ゆーっくり近づくとあまり気づかれない。
空気の流れや匂いで敵を察知するのかな。


冬は完全に冬眠するようで、夏の間にできるだけ食べるそう。
だから、いつ見ても草をむしゃむしゃ食べている。

ずーっと見ていても飽きない。
そのうちに野ウサギもやってきた。

彼らの敵はやってこないような場所なので、きっとここはパラダイスだね。

ゴートチーズをもらう

私の夫はみるからに柔和で優しい~という見た目ではないし、結構アクの強い人だと思うのですが(!)実は心優しい人なのです。

見ず知らずの人でも困っていたりするとよく手を差し伸べています。

先日ダウンタウンから2時間くらいのところに用事で行ったらしく、その帰りに農家のご夫婦を見かけたようです。

このご夫婦、かなりご年配で二人とも腰を曲げながら農作業をしていて、夫はその場で少し立ち話を始めるうちに、彼らを手伝うことにしたそう。

ご夫婦はお礼としてお金を彼に渡そうとしたのですが夫がそれを辞退すると、なんと直径20センチほどの自家製ゴートチーズを頂いちゃいました!
私なにもしていないけれど、う、うれしい!

なんだか、こういうやりとり、とってもいいなと思います。

夫にイライラすることもあるけれど、そういう時はこういうエピソードを思い出すようにして、夫はいい人なんだと自分を落ち着かせます。

ゴートチーズはそのまま食べてみたけれど美味しい。
まだまだあるので、どうやって食べようか考え中。







2014年6月17日火曜日

Terroni

美味しいピザがたべた~いと言っていた友達に感化され、
私も久しぶりにピザの気分になっていました。

ということで先日その友達とお出かけした帰りにTerroniに行って来ました。
いつも混んでいるので、待つのを覚悟で行ったのですが、運よくすぐに座ることができました。

時間も遅かったので二人ともお腹ぺっこぺこ。
ピザは結構大きいサイズですが、MargheritaとQuattro Stagioniをオーダー。
前菜もパスタも今日はいらない!ピザをがっつり食べる!
そしてワインではなくビールを飲む!
そんな気分でした。

薄生地の上に、チーズがたっぷりのMargherita
Quattro Stagioniは、プロシュート・マッシュルーム・ナス・ズッキーニが4分の1ずつ生地の上にのっていて、それぞれの味を楽しめるピザです。

味も量も満足!
かなりお腹がパンパンになったけれど、後悔なし!

次はもう少し落ち着いて、ワインに前菜にパスタを食べに行こうかな。


2014年6月15日日曜日

FIFA World Cup Public Viewing Event

2014 FIFA World Cup 日本vsコートジボアール戦

昨日はJFT主催のPublic Viewing Eventに行って来ました。
6時から開場していて、私たちは7時半くらいに着いたのですが、既に日本人を中心にたくさんの人が集まっていました。
その後、入場制限もあったようです。

まずは腹ごしらえということで、数店あったベンダーさんのうち、鯖寿司丼と枝豆、そしてモンブランケーキを購入。
モンブランのケーキ、すごい美味しかったぁ。

そして午後9時、開戦!
司会の方が盛り上げてくれて、会場が一体になる感覚。
久々に沢山の日本人と一緒に、皆で盛り上がる経験は楽しいものでした。

結果は残念ながら負けてしまったけれど、本田選手のゴールはとっても興奮しました。

企画運営してくれたJFTのスタッフの皆さんには感謝です。
日本から離れた土地で、日本のために皆が集まれるイベントはとても貴重でありがたい。
規模がかなり大きいので、色々大変だったと思うけれど、とてもオーガナイズされたいいイベントでした。

次は19日のギリシャ戦! いい試合になりますように!


Orfus Road

トロントに来てからというもの、日本にいるときより断然物欲がなくなり、
洋服はほとんど購入していませんでした。

仕事もしていないし、毎日決まってどこかに出かけるということもなかったので
今までは特に洋服がたくさん必要だという状況でもなかったのです。

ただ、私は着ない服をいつまでも手元に置いておくことができずに、
数年着ていない服やもう着ないだろうと思う服があると、すぐに寄付や処分をしてしまいます。
元々洋服持ちじゃないくせにどんどん手放すので、とても数が少ない。
今後就職活動で着る服や仕事着などがほとんどないこともあって、そろそろ服を買いにいかないとと考えていました。

そんなときに、今通っている学校のクラスメートからOrfus Roadのことを聞きました。
Caledonia RoadからDufferin Streetまで東西を走るOrfus Roadに沿って、アウトレットの洋服屋さんが立ち並ぶ区域になっているのです。
とにかく服や靴がものすごく安いから行ってみなよ!と勧められたので友達と行って来ました。

私が以前から知っていたブランド名でいうとRoots, Le Chateau, Nine Westのお店がありました。この3つはよかったです。RootsとNine Westは配置にゆとりがあって、可愛い服や靴も値引きされていました。
Le Chateauは品数多くてきちきちに配置されているので探すのにかなり労力がいるのですが、根気よく見ていくと結構いいものが半額ほどの値引率で売られていました。

でも大半は、どちらかというと若い子向けのお店で、安く購入してワンシーズンを満足しよう、といったお店が多かった気がします。

掘り出し物を探すのが好きな人はいい場所かもしれません。
私はそういう作業がちょっと苦手なので結構疲れてしまったのですが、久しぶりに色々試着したりして、友達とのショッピングを楽しみました。

素敵なワンピースを3着購入し満足。
すごーく安いって聞いていたので、もう少し値段的に期待していたけれど、私が買ったところは元がいいお値段のところだったので、しょうがない。
それでも通常で購入するより、かなりお安く済みました。

たまにはこういう買い物もいいものです。







2014年6月8日日曜日

seagullに襲われる!

ここのところ夫と別々に暮らしていたので、今週末は二人とも特に予定も立てずにゆっくり過ごしています。

本当は郊外の知り合いの家のほうで過ごす予定をしていたけれど、起きるのが遅くて、夫が午後からF1レースのテレビ中継を見たいというので、我が家のほうにとどまることにしました。
昨日の夜に移動しておけばよかった。

そのテレビ中継が始まるまでまだ時間があったので、ハーバーフロントのほうまで散歩してきました。

やっぱり緑は目にいいなぁ。
今日は曇っていて少し肌寒かったのが残念。

色んな花が咲いていて、いい香り。



毎年夏になると焼きとうもろこしやスープを売るジャマイカおじさんがいます。
そこの野菜たっぷりスープが好き。
今日もお店を出していて、今年初のスープを頂きました。
冷えた体が温まる~。

そのちょっと前にチュロスを買って食べ歩きしていたら、seagull(カモメ)に襲われた!
まず私が手に持っていたチュロスめがけて、すごい体当たりをしてきて、その後夫のほうに向かってぶつかっていきました。
夫が手を大きく振って払ったら、夫の正面にずかっと立ち、思いっきり睨んできた!
夫も負けじと睨み返したので、一騎打ちのような格好に。

人の食べ物を奪おうとして睨んでくるなんて厚かましい。
遠くから見たら絵になる彼らだけれど、近くで見るとその目はなんとも鋭くて恐ろしい。
小さなお子さんがいる親御さんは特に要注意!

きっとカラス同様彼も私たちの顔を覚えているに違いない。
また襲われないように気をつけないと。

もう少し歩きたかったけれど、雨も降ってきそうだったしF1も始まる時間だったので、今日はこれでおしまい。
後はここのところ疎かにしていた家事をやろうかな。






2014年6月7日土曜日

Kingyoでお祝い

先週も友達に永住権取得のお祝いをしてもらったのですが、
昨日はまた別の友達にお祝いしてもらいました。

向かったレストランはKingyo Toronto
日本の居酒屋さんです。

今回は全員日本人ではない友達だったので、お寿司以外の日本食も食べてもらいたいなと思い、ここに決めました。

それほど便利な場所とはいえないけれど、店内はたくさんの人で賑わっていました。
まさしく居酒屋メニュー。鶏のから揚げ、エビマヨ、豚の角煮、牛タン、坦々麺、その他かなりの量をたのみましたが、どれも美味しかったです。
品数が多いのもいいですね。

雰囲気もよくて、友達とおしゃべりを存分楽しめる空間です。
スタッフも感じのいい方ばかりで、また訪れたいと思わせてくれる場所でした。

今回集まってくれた子たちとは、5年くらい前に知り合いました。
私が日本へ帰国していたこともあって、しばらく会うことはできていなかったけれど、
こうやってまた迎え入れてくれて、忙しい中でも集まってくれる。

人の幸せや前進を、いつも素直に喜んでくれる。

今までの私の人生を振り返ると、とてもいい友達に恵まれ、たくさんの人に助けられてきたものだったので、縁というものは本当に大切にするべきものだと感じています。









2014年6月4日水曜日

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

学校が始まってからというもの、ダウンタウンの住処のほうで暮らしているので
郊外の知り合いの家には行くことができていません。

一方夫は仕事場が近いこともあり、週のほとんどを知り合いの家で過ごしているので
最近別居生活が続いています。

友蔵にも会えていないし、ガーデニングもできないし、しょうがないのだけれどちょっと残念。
そして咲くのを楽しみにしていた牡丹ですが、綺麗に咲いていた時期に行くことができませんでした。

夫が写真を撮って、いくつか花を持ち帰ってきてくれました。
ピンク色の牡丹はけっこう大ぶり。


紫色のほうは、それに比べると少し控えめ。


華やかで気品がある牡丹。
美人な女性を例える慣用句に用いられているのも納得。
特に凛として圧倒的な存在感があるところがいいね。




部屋の中が一気に明るくなるようです。


切花にはあえたけれど、たくさん咲いているところを見ることができなくて本当に残念。
散るときはバサバサっと一気に散ってしまうのも、なんだか潔い。

来年まで楽しみにしていよう。

2014年6月2日月曜日

お別れ

日本の家族には、先月23日に14歳になったメイというワンコがいる。
とても可愛くて人懐こく、そしてとても賢い子だった。

数週間前に大きな病を患って手術をしたけれど、その後とても元気になってくれた。
でも数日前親から連絡があって、なんだか息使いが荒くて、ウロウロ歩き回ってると思ったらドカンと座り込み、とっても辛そうだと聞いた。

前にも同じような症状があって、その時はただの便秘だったので、今回もそうだといいなと思っていたけれど、肺炎にかかってしまっていた。

そのうちに立つこともままならなくなり、用便も我慢してしまっていたみたいで、食欲もなくますます辛そうだったようだ。

そして今朝早く親からの着信が携帯電話に残っているのに気づいた。
とても嫌な予感がしたけれど、その予感が当たってしまった。

私たち家族が大好きだったメイさんが死んでしまった。

とてもとても悲しい。
最期はしばらく出ていなかった用便をだして、「ちゃんと出たんだね、よかったね」と話しているうちに、だんだん苦しそうになって、数回大きな声を出しながら体をのけぞった後に、両親が見守る中、すぅっと眠るように亡くなった。

メイさんが我が家に来たときには、私はもう実家を出て一人暮らしをしていたので、なかなか一緒に遊んだり面倒をみたりする時間は取れなかった。
それでも彼女との思い出は沢山ある。

多分彼女のなかで、私はちょっとライバルの姉妹。
メイさんは母親が大好きで、いつも目で母親の姿を追っていて、いつも隣に座っていた。
だから母親と私がおしゃべりしたり、母親の肩をもんだりしてると、やきもち焼いて間に入ってきたり邪魔をしてきたりした。

今、特に母親はとっても悲しくて辛いと思う。

メイさんがいるのが当然だったこの14年間。
たくさんの笑いと幸せを私たち家族にもたらしてくれた。

でもよく長生きしてくれたな。
両親が彼女の最期を看取ることができて、本当によかった。

今は胸がキュッと締め付けられるように辛いけれど、彼女にとても感謝している。




2014年6月1日日曜日

お祝いパーティ

私の永住権取得のお祝いとして、友達のお家でパーティを開いてくれました。

企画してくれた彼女との最初の出会いは8年くらい前。
その当時はそれほど交流もなく、しばらく連絡も途絶えていたけれど、縁があって今ではとても大切な友達。

私はFamily Sponsorshipで取得したけれど、彼女はSkilled Workerとして数年前に取得済み。
彼女の取得までの道のりはとても長く、きっと不安やストレスも私とは比べ物にならないほどだったと思うけれど、私の話を聞いて励ましてくれ、取得の報告をしたときはとても喜んでくれました。

そしてすぐにパーティをしよう!と企画してくれたのです。

彼女の呼びかけのもと、他の友達も集まってくれ、みんなの美味しい手料理にワインやデザートが用意されていました。
もうこの時点でとっても幸せ。

料理を楽しみながら、みんなの近況や私の今後のこと、その他とっても興味深いテーマの話まで思う存分会話を楽しむことができました。
食べるのとおしゃべりに夢中で、カメラを持っていたのにすっかり撮り忘れてしまったほど。

皆立っているステージは違うけれど、悩み、もがき、楽しみながら一生懸命生きてる。
自分の思い描くように進んでいけない、生活できないもどかしさを頭のどこかで常に感じ、自分の弱い部分を思い知らされることもたくさん。
でも、格好良く生きなくたって、自分が楽しんで生きていけばいいよね!って思わせてくれたのはカナダで色んな人に出会って色んな価値観に触れたことが大きかったかも。

日本でもカナダでも、尊敬できて、一緒にいて楽しくリラックスできる友達をもてて、とても幸せだと身に染みて感じたパーティでした。