2015年9月24日木曜日

Havana, Cubaの旅

昨日から秋の始まり。夏はあっという間に過ぎ去ってしまいます。
今年の夏は色々満喫できました。ブログはだいぶほったらかしにしてしまった。

そんな夏の一番の思い出は8月1日から11日までキューバに行ってきたこと。
海外に住んでいますが、海外旅行をほとんどしたことがありません。
訪れた国といえば、今住んでいるカナダとアメリカ。
英語圏以外の国に行ったことがなかったので、少し緊張。でもずっと行きたかった国なのでとても楽しみにしていました。


久しぶりに蒸し暑い夏。汗がダラダラ。


建物がレトロで趣がある。ピンクやブルーやグリーンの色褪せた建物が、真っ青な空によく合ってる。


滞在中はオールドハバナに何度か行きました。博物館にいったり海沿いを歩いたり、美味しいシェイクを飲んだり。




お土産はやっぱりHavana Club とcigar。

キューバといえば、クラシックカー。
タクシーはかなり年季の入った車たち。サイドもバックも窓ガラスなし、シートベルトなし、ラテン音楽がかかってて、排気ガスがプンプンにおう。なんだか面白い。


そこかしこにチェ・ゲバラの肖像画が。

ゆったりとした時間の流れ。

一日中歩き回っていたけれど、変な疲れがない。それはきっと毎朝とれたての大きなマンゴーを食べて、そこからエネルギーをもらっていたからだと確信がある。

キューバは想像していたよりもずっと過ごしやすい場所だった。
たったの10日間では一つの側面しか見えていないだろうけれど、今後どんどん変化していくような空気を街からも人からも感じることができた。
時間の流れは速くないけれど、決して滞っていないという感覚。

スペイン語は全く話せないけど、それでも少しだけ覚えて、身振り手振りでやり取りする。
言葉の不自由がありながら一緒に笑いあえるのは、より面白くて楽しい。

また数年後訪ねよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿